行政評価システムの特徴

行政評価システムの導入によってもたらされる、住民・行政のそれぞれのメリットについて整理してみましょう。

ここでは、国内の地方自治体における「行政評価システムの特徴」をご紹介したいと思います。
各自治体により様々な手法が採られており、多少の差異があるが、よく見られるものをピックアップしてみました。

  • 行政運営の成果を目的に、行政評価を実施する
  • 施策評価と事業評価を中心に評価する
  • 専門家(監査委員等)の評価により客観性を高める外部の専門家も活用
  • 専門家が選定する項目と、要求監査制度を活用し、首長が選定する項目を加える
  • 指摘・意見については、翌年度の予算案・運営方針等に反映結果を明記する
  • 評価結果を点数化するなどして、住民にわかりやすく公表する
  • Plan(計 画)Do(実施)Check(評価)Action(改善)のサイクルを有効活用し行政内部からの意識改革へつなげる
  • 評価結果の公表により、住民と行政の両者協働を活発化させる